大学ラグビー.com

データで見る大学ラグビーなど。大学ラグビー.com(http://daigakurugby.nobody.jp)でデータ掲載中。

慶應義塾大学 ラグビー部(體育會蹴球部) / 大学選手権、関東大学対抗戦

1899年に創設された日本初のラグビーチーム。エドワード・B・クラークと田中銀之助によってもたらされた。1990年前後などやや低迷した時期もあったが、長い歴史の中で見ると概ね上位で戦っている。2019年は初めて留学生が出場するなど注目を集めている。黄色と黒のタイガージャージ。

大学選手権では、優勝3回のうち1968年は早稲田1985年は明治大と決勝戦を引き分けての両校優勝、創部100周年の1999年に念願の単独優勝を遂げた。1985年優勝時の監督はOB上田昭夫、1994年に再度監督に就任すると1999年にも優勝をもたらすこととなった。2019年は21年連続で出場が途切れたが、2020年は2年ぶりに出場。

関東大学対抗戦においては、優勝9回、そのうち関東大学リーグ戦分裂以降の優勝は4回。例年勤労感謝の日に行われる伝統の早慶戦は通算では大きく負け越しているものの、接戦となることが多い。2014年から2020年までの早慶戦のスコアは、25△25、31●32、23●25、21●23、14●21、10●17、11●22と勝ててはいないがいずれも接戦となっている。

f:id:daigakurugby:20200419195209p:plain

ジャージのイメージ

ラグビーマガジン 2021年 03 月号 [雑誌] 天理初優勝 

 

戦績

大学選手権

結果と勝敗、勝率

優 勝:3回(1968,1985,1999
準優勝:3回(1977,1984,2007

出 場:37回(直近の出場2020) 

勝 敗:46勝38敗3分
勝 率:.548(7位) 

大学別通算対戦成績

vs明治大 1勝6敗1分
vs早稲田 1勝9敗1分
vs帝京大 0勝5敗
vs筑波大 0勝2敗
vs日体大 1勝1敗

vs東海大 2勝1敗
vs流経大 2勝0敗1分
vs日本大 4勝0敗
vs法政大 3勝3敗
vs中央大 1勝0敗
vs大東大 1勝2敗
vs関東学 1勝1敗

vs天理大 4勝2敗
vs同志社 5勝6敗
vs京産大 4勝0敗
vs関学大 1勝0敗
vs立命館 3勝0敗
vs近畿大 1勝0敗
vs大体大 3勝0敗

vs中京大 1勝0敗

vs福岡大 2勝0敗
vs福工大 4勝0敗
vs鹿屋体 1勝0敗

過去の成績(2015〜)

2015 プール戦敗退

2016 ベスト8
2017 ベスト8
2018 ベスト8
2019 出場なし
2020 ベスト8

Number(ナンバー)1020号[雑誌] 日本ラグビー 主将に学べ 

 

主なメンバー

優勝時の主なメンバー

1968 谷川義夫 宮田浩二
1985 中野忠幸 生田久貴 若林俊康 福澤克雄
1999 野澤武史 栗原徹 瓜生靖治 山本英児

主なOB

青井達也:日本代表キャップ6。天王寺高出身
     SO,CTB。横河電機で活躍。
堀越 慈:日本代表キャップ4。三田高出身LO。
     ラグビー協会理事,IRB理事を務めた。
上田昭夫:1974年度主将。日本代表キャップ6。
     慶應高出身SH。トヨタで活躍。
     1985,1999優勝監督。1987からTBS
     ニュースキャスター。
松永敏宏:1984年度主将。日本代表キャップ2。
     天王寺高出身CTB。横河電機で活躍.
     2005,2006は慶応大監督を務めた。
生田久貴:1985年優勝,日本選手権勝利に貢献。
     RWC1987出場,日本代表キャップ4。
     慶応高出身SH。
福澤克雄1985年優勝メンバー。慶応高出身LO.
     TBSディレクター。ノーサイドゲーム
     にも携わる。
栗原 徹:1999優勝メンバー。RWC2003出場。
     日本代表キャップ27。清真学園出身
     WTB,FB。対抗戦29連続ゴール成功。
     現慶応大監督。
野澤武史:2001年度主将。1999優勝メンバー。
     日本代表キャップ4。慶応高出身FL。
     現山川出版社取締役。
瓜生靖治:日本代表キャップ2。小倉高出身CTB,
     WTB。サントリーなどで活躍。
山本英児:日本代表キャップ4。修猷館高出身
     FL,No8九州電力で活躍。
廣瀬俊朗:2003年度主将。北野高出身SO,WTB.
     RWC2015主将,日本代表キャップ28。
     ドラマノーサイドゲームに出演。
猪口 拓:2004年度主将。日本代表キャップ7。
     慶応高出身HO。東芝で活躍。
金井健雄:2007年度主将。日本代表キャップ4。
     大田高出身PR。サントリー等で活躍.
山田章仁:RWC2015出場,日本代表キャップ25。
     小倉高出身WTB,FB。国内外で活躍。
川村 慎:慶応高出身HO。NECで活躍。日本
     ラグビーフットボール選手会会長。
村田 毅:日本代表キャップ7。慶應志木高出身
     FL。NECなどで活躍。
安村直樹:2009大学選手権出場。青山学院高
     出身SO,CTB。現在日本テレビアナ
     ウンサー。

ラグビートップリーグ カラー名鑑2021【ポケット判】 (B.B.MOOK1514) 

 

関東対抗戦

戦績

結果

優勝9回(関東大学リーグ戦分裂後は4回)

関東大学リーグ戦分裂後の成績内訳は次の通り。

1位   4回(  7.4%)
2位 11回(20.4%)
3位 14回(25.9%)
4位 10回(18.5%)
5位   5回(  9.3%)
6位   4回(  7.4%)
7位   5回(  9.3%)
8位   1回(  1.9%)

最近の成績(2015〜)

2015 4勝3敗 同率4位(5位枠で大学選手権へ)

2016 4勝3敗 単独4位
2017 5勝2敗 同率2位(3位枠で大学選手権へ)
2018 5勝2敗 同率3位(3位枠で大学選手権へ)
2019 3勝4敗 同率5位(直接対決結果から6位)
2020 5勝2敗 単独3位

お名前.com  

 

関連リンク

daigakurugby.hatenablog.comdaigakurugby.hatenablog.com

 

 

 

大学ラグビー.com