大学ラグビー.com

データで見る大学ラグビーなど。大学ラグビー.com(http://daigakurugby.nobody.jp)でデータ掲載中。

日本大学 ラグビー部 / 大学選手権、関東大学リーグ戦

1928年創部。1946年より関東大学対抗戦で戦い、1967年からは分裂した関東大学リーグ戦に所属している。なお、1960年には関東大学対抗戦で優勝し学生代表として、日本協会招待NHK杯争奪ラグビー大会(日本選手権の前身)に出場経験がある。

大学選手権は出場19回、最高位のベスト4には4回進出している。1995,1997年度は、のちの日本代表となる沢木敬介らを擁してベスト4まで勝ち進んだが、いずれも準決勝で明治大学に敗れた。

関東大学リーグ戦では優勝3回。これまで3度の2部降格を経験しているが、いずれも1年での復帰を果たしている。2016年に1部に復帰すると8位→6位→5位→2位と順位を上げ、2020年も6勝1敗の3位となった。ジャージは黒とピンク。

f:id:daigakurugby:20200423081942p:plain

ジャージのイメージ

ラグビーマガジン 2021年 03 月号 [雑誌] 

 

大学選手権

戦績

結果と勝敗、勝率

優 勝:0回
準優勝:0回
最高位:ベスト4(1965,1976,1995,1997

出 場:19回

勝 敗:12勝22敗
勝 率:.353

主な通算成績

vs明治大 0勝7敗
vs早稲田 0勝2敗
vs慶応大 0勝4敗
vs帝京大 1勝0敗
vs筑波大 1勝1敗

vs東海大 0勝2敗
vs流経大 0勝1敗

vs天理大 2勝0敗
vs同志社 0勝3敗
vs京産大 2勝2敗
vs立命館 1勝0敗
vs近畿大 1勝0敗
vs大体大 2勝0敗

vs福岡大 1勝0敗
vs福工大 1勝0敗

最近の成績(2015〜)

2015 出場なし

2016 出場なし
2017 出場なし
2018 出場なし
2019 ベスト8
2020 ベスト8

 

ラグビートップリーグ カラー名鑑2021【ポケット判】 (B.B.MOOK1514) 

 

主なメンバー

主なOB

沢木敬介:日本代表キャップ7。秋田経法大附
     出身SO,CTB。サントリーで選手,
     監督として活躍。現キャノン監督。
北條純一:WRC2003選出。盛岡工出身WTB。
     サントリーで活躍。
窪田幸一郎:日本代表キャップ3。日川高出身
     WTB。NECで活躍。
武井敬司:日本代表キャップ6。日大藤沢出身
     SO,WTB,FB。NECで活躍。
タウファ統悦:2014年度主将。RWC2011出場。
     日本代表キャップ22。トンガ出身
     No8,FL。近鉄で活躍。
松下 馨:日本代表キャップ7。報徳学園出身
     WTB,FB。ヤマハ,トヨタで活躍。
仲村慎祐:日本代表キャップ6。報徳学園出身
     LO。サントリーで活躍。
細田佳也:日本代表キャップ2。7人制日本代表
     飯田高出身FL。NECで活躍。
小川高廣:2012年度主将。日本代表キャップ2
     7人制日本代表。東福岡出身SH。
     東芝で活躍。

大野 均:RWC2007,2011,2015出場。日本代表
     キャップ98は歴代1位。東芝で活躍。
     ただし福島県にある工学部の出身。

第100回 全国高校ラグビー 選手権大会 決算号 (ラグビーマガジン2021年02月号増刊) 

 

関東大学リーグ戦

戦績

優勝は3回。1993,2007,2015年度は2部で戦ったが、いずれも翌年に1部復帰。リーグ分裂前には、関東大学対抗戦で1955,1960年度の2回の優勝を果たしている。

結果 

優勝 3回(1976,1977,1985)

1位   3回(  5.9%)
2位   6回(11.8%)
3位   8回(15.7%)
4位   8回(15.7%)
5位 10回(19.6%)
6位   7回(13.7%)
7位   4回(  7.8%)
8位   4回(  7.8%)
9位   1回(  2.0%)

最近の成績(2015〜)

2015 2部所属(7勝0敗 1位 1部昇格)

2016 0勝7敗 8位
2017 2勝5敗 6位
2018 3勝4敗 5位
2019 5勝2敗 2位
2020 6勝1敗 3位(不戦勝1を含む)

お名前.com  

 

関連リンク  

daigakurugby.hatenablog.com

daigakurugby.hatenablog.com

daigakurugby.hatenablog.com

 

 

 

大学ラグビー.com