大学ラグビー.com

データで見る大学ラグビーなど。大学ラグビー.com(http://daigakurugby.nobody.jp)でデータ掲載中。

第30回 全国大学ラグビーフットボール選手権大会(1993-1994)

概要

1993年12月18,19日の1回戦8試合から1994年1月6日の決勝まで、16チームによるトーナメント戦全15試合。

関東リーグ戦を2年連続全勝優勝で制した法政大学は、大学選手権準決勝の京都産業大学戦では前半を3-6で折り返すと、一転後半は4Tを奪って京産大を終盤の1Tに抑え28-19で勝利、2年連続7回目の決勝。一方、関東対抗戦で3年連続全勝優勝の明治大学は、大学選手権準々決勝の大東文化大学戦は前半を12-13とリードされるが、後半も着実にPGを決め1T1G7PGとトライ数では大東大の2Tを下回りながらの勝利、2年ぶり16回目の決勝へ。

勝戦前半は互いに3PGで9-9の同点から明治大のトライで16-9と明治大リード、後半は12分,14分と明治大のトライで28-9と19点差、さらに2Tを重ねた明治大が41-12で法政大をノートライに抑えて勝利、2年ぶり10回目の優勝。

このシーズンに活躍した4年生は、明治大/元木由記雄、法政大/伊藤剛臣、同志社/中道紀和、京産大吉田明、早稲田/増保輝則、中央大/長谷川慎など。

ラグビーマガジン 2020年 05 月号 [雑誌] 

出場校

関東対抗戦、関東リーグ戦、関西リーグの各上位4校と九州リーグ1位は出場確定。関東対抗戦と関東リーグ戦の各5位が北海道代表と東北代表とそれぞれ対戦し勝者が出場権を得る。関西リーグ5位は東海北陸代表と中国四国代表の勝者との決定戦を行う。

関東対抗戦
1位明治大学/9年連続23回目(c元木由記雄)
2位早稲田大学/10年連続27回目(c藤浩太郎)
3位日本体育大学/4年ぶり14回目
4位青山学院大学/初出場
5位筑波大学/6年ぶり3回目

関東リーグ戦
1位法政大学/3年連続12回目(c島津久志)
2位関東学院大学/4年連続4回目
3位大東文化大学/2年ぶり8回目(c高木利幸)
4位中央大学/7年ぶり6回目
5位専修大学/9年ぶり6回目(c斉藤英三)

関西リーグ
1位同志社大学/20年連続29回目(c岡本恒司)
2位京都産業大学/9年連続11回目(c吉田明)
3位龍谷大学/初出場
4位大阪体育大学/5年連続10回目
5位立命館大学/初出場

九州リーグ
1位福岡大学/2年ぶり10回目

ラグビーって、いいもんだね。 2015-2019ラグビーW杯日本大会 (鉄筆文庫) 

トーナメント

f:id:daigakurugby:20200402150454p:plain

第30回 大学選手権

試合結果

1回戦 12/18(土),19(日)

法政大学114-6立命館大学

日本体育大学32-15龍谷大学

京都産業大学57-22中央大学

大阪体育大学15-88早稲田大学(前半5-43)

明治大学67-0専修大学(前半23-0)

大東文化大学39-23青山学院大学

関東学院大学16-5筑波大学

福岡大学10-95同志社大学

2回戦 12/25(土),26(日)

法政大学47-22日本体育大学

京都産業大学22-21早稲田大学(前半5-16)

明治大学28-16大東文化大学(前半12-13)

関東学院大学14-32同志社大学(前半6-10)

準決勝1/2(日)

東京・国立競技場
法政大学28-19京都産業大学(前半3-6)
明治大学27-17同志社大学(前半10-12)

決勝 1/6(木)

東京・国立競技場
法政大学12-41明治大学(前半9-16)

ラグビーワールドカップ2019 公式レプリカキーリング GB-9016 

 

daigakurugby.hatenablog.com

大学ラグビー.com