大学ラグビー.com

データで見る大学ラグビーなど。大学ラグビー.com(http://daigakurugby.nobody.jp)でデータ掲載中。

早慶戦 ラグビー 2020 … 過去の対戦成績などデータ比較

概要

早稲田大学ラグビー蹴球部慶應義塾體育會蹴球部による「 第97回 早慶戦 」が2020年11月23日(月・祝)に行われる。

これまでの勝敗は、早稲田の69勝、慶応大の20勝、引き分けが7となっている。

ラグビーマガジン 2020年 12 月号 [雑誌] 

 

過去のデータ

過去10年の結果

対戦結果、その年の対抗戦勝敗分の順、丸数字は対抗戦において勝敗や並んだ場合は直接対決や得失点差から順位づけした数字となっている。

2010 早  8-10慶 早6-1① 慶6-1②
2011 早54-24慶 早5-2② 慶3-4⑤
2012 早31-10慶 早4-3④ 慶3-4⑤
2013 早69-  7慶 早6-1② 慶4-3③
2014 早25-25慶 早5-1-1② 慶4-2-1④
2015 早32-31慶 早4-3④ 慶4-3④
2016 早25-23慶 早6-1② 慶4-3④
2017 早23-21慶 早5-2② 慶5-2②
2018 早21-14慶 早6-1① 慶5-2③
2019 早17-  7慶 早6-1② 慶3-4⑥

過去10年では、早稲田8勝、慶応大1勝、引き分けが1度。とくに、2014年以降の得点差は、0、1、2、2、7、7と引き分けを含めて直近6年間は全て1トライ1ゴール差以内と非常に拮抗している。

Number(ナンバー)1013号 桜の再会。[雑誌] 

 

過去30年の得点差

次のグラフは過去30年間の早慶戦の得点差を示しており、左側が早稲田が勝った年、右側が慶応大が勝った年となっている。

f:id:daigakurugby:20201111172240p:plain

早慶戦 1990-2019

このグラフからわかる通り、早稲田が連勝している時期も慶応大が強かった時期もあったが、長い歴史を見る中でも2009年以降の接戦の多さは際立つ。

あの感動と勇気が甦ってくる ラグビー日本代表 ONE TEAMの軌跡 

 

今シーズンの関東大学対抗戦の戦績

早慶戦のあとは、早稲田が明治大戦、慶応大が帝京大戦を残すのみ。早稲田はここまで全勝、慶応大は筑波大に敗れて4勝1敗となっている。2020シーズンの第5節を終えての成績は次の通り。

早稲田 5勝0敗 258得点 84失点 40T 29G
慶応大 4勝1敗 262得点 47失点 39T 29G 3PG

2019シーズンは、慶応大がすでに3敗した状態から早慶戦に善戦し最終戦帝京大に勝利、早稲田のほうは全勝で早慶戦に勝つも最終戦で明治大に敗れるという結果になった。

2020シーズンは、初戦で早稲田は青学大にもたつき、慶応大は筑波大に敗れたが、両チームともその後は調子を上げている。

ともにいい状態で迎える第97回の早慶戦、競った試合が予想される。

 

 

 

大学ラグビー.com