大学ラグビー.com

データで見る大学ラグビーなど。大学ラグビー.com(http://daigakurugby.nobody.jp)でデータ掲載中。

【大学ラグビー情報】目次ページ … 大学選手権 関東大学対抗戦 関東大学リーグ戦 関西大学リーグ

大学選手権

【概要とまとめ】全国大学ラグビーフットボール選手権大会
 →大学別優勝数、出場数、勝利数、勝率など

【大会別】全国大学ラグビーフットボール選手権大会
 →第1回大会からの各大会の詳細へのリンク

大学選手権 リーグ別勝ち上がり
 →ベスト8やベスト4、決勝にリーグ別の勝ち上がり校の数をグラフでチェック

 

ラグビーマガジン 2021年02月号 [2大別冊付録:(1)トップリーグ写真名鑑 (2)全国高校大会花園ガイド] 

 

地域ごとのリーグ

リーグ共通

・トライランキング → 2020 2019
・ゴールランキング → 2020 2019

・シーズン新体制 → 2021 2020
・卒業生の進路 → 2020年度卒

 

 

関東大学対抗戦

関東大学ラグビー対抗戦グループ

・各大学の情報ページ
 →明治大 早稲田 慶応大 帝京大 筑波大
  日体大 立教大 青学大

・過去の対戦成績 → 早明戦 早慶戦

関東大学春季大会

 

関東大学リーグ戦

関東大学ラグビーリーグ戦グループ

・各大学の情報ページ
 →東海大 流経大 日本大 法政大 中央大
  大東大 関東学院 専修大 拓殖大

ベスト15

関東大学春季大会

 

関西大学リーグ

関西大学ラグビーフットボールリーグ

・各大学の情報ページ
 →天理大 同志社 京産大 関学大 立命館
  摂南大 関西大 近畿大 大体大

・過去の対戦成績 → 同産立のじゃんけん対決

ベスト15

関西大学春季トーナメント

 

第100回 全国高校ラグビー 選手権大会 決算号 (ラグビーマガジン2021年02月号増刊) 

 

その他

スタジアム

・競技場情報
 →関東:国立競技場 秩父宮ラグビー場 熊谷ラグビー場
 →関西:花園ラグビー場 宝ヶ池球技場

飲食店

ラグビー選手のお店

 

人気記事

大学ラグビーのFW平均体重推移(2000-2019)と小型選手のゆくえ

2019シーズンは早稲田の優勝、ならば2020は天理大学か

大阪の高校で何が起こっているのか … 啓光が合同チーム、堀江の母校は部員1人

 

 

 

大学ラグビー.com

 

f:id:daigakurugby:20210118115103p:plain

 

対抗戦 2021 第7戦 / 結果とポイント … 帝京大が3年ぶりの優勝 早明戦は早稲田が勝利

概要

2021年度の関東大学対抗戦 第7戦は、11/27(土)に2試合、12/4(土)、12/5(日)にそれぞれ1試合が行われた。

2021年シーズンは勝点制を導入。勝ち4点、引分2点、負け0点のほか、「3トライ以上の差をつける」「7点差以内の負け」に各1点が加えられる。

終結

12/5(日)の早明戦を終え全試合終了。帝京大が3年ぶり10回目の優勝を決めた。また、帝京大 明治大 早稲田 慶応大 日体大が大学選手権出場、青学大 立教大が入替戦に出場する。

1位 帝京大 7勝0敗 勝点32 得失点+302 → 大学選手権へ
2位 早稲田 6勝1敗 勝点28 得失点+231 → 大学選手権へ
3位 明治大 5勝2敗 勝点26 得失点+197 → 大学選手権へ
4位 慶応大 3勝3敗 勝点15 得失点  +42 → 大学選手権へ
5位 日体大 3勝4敗 勝点15 得失点-155 → 大学選手権へ
6位 筑波大 3勝4敗 勝点14 得失点  -42
7位 青学大 1勝6敗 勝点  5 得失点-184 → 入替戦へ
8位 立教大 0勝7敗 勝点  1 得失点-341 → 入替戦へ

対戦表詳細は → 関東大学対抗戦対戦表

トライランキング

9T原田衛/慶応大
8T 槇瑛人/早稲田
7T 5人

トライランキング詳細は → トライランキング

ゴールランキング(PG含む)

44G 高本幹也/帝京大 73.3%
29G 吉村紘/早稲田 76.3%
27G 廣瀬雄也/明治大 71.1%

ゴールランキング詳細は → ゴールランキング

 

ラグビーマガジン 2021年 10 月号 [雑誌] <別冊付録:主要大学写真名鑑> 

 

11/27(土)

大学名の後ろの( )内の数字は、ボーナスポイントを加えた勝点。

立教大(1) 25-34 青学大(5)

先制したのは青学大、前半10分に相手左サイドのゴール前に攻め込むと、SO桑田宗一郎(4年,桐蔭学園)が逆サイドへ大きくキックパス、これをつかんだWTB榎本拓真(1年,桐蔭学園)がトライを決めた。対する立教大は13分にPG成功、14分には右サイドをNo8紀伊雄介(3年,桐蔭学園)からCTB福壽佳生(2年,立教新座)とつないでトライを返す。

37分の青学大ハーフウェイライン付近でマイボールを奪われるも取り返すと、左サイドをPR田中創太郎(2年,國學院久我山)が抜け出し、WTB榎本拓真へつなぐとインゴールに飛び込んだ。前半のロスタイム、立教大はラインアウトモールからトライを加え、青学大は12-18とリードを許して折り返した。

後半は青学大が追い上げる。後半9分にラインアウトモールからHO相根大和(4年,京都成章)が押さえると、15分には相手ゴール前でのマイボールスクラムからWTB手島究(4年,東農大二)がディフェンスをかいくぐり押し込んだ。

立教大は26分、FB天羽秀太(2年,桐蔭学園)が抜け出し大きくゲイン、最後はSO安藤海志(3年,京都成章)がトライを決める。続いてチャンスをつくるもトライならず、さらにトライを追加した青学大が34-25で勝利。

注目ポイント

立教大は、トライとPGなどでリードを保ち、前半終了間際にトライで突き放す理想的な展開となったが勝利ならず。サポートが早かったことなどよかった面は、Bグループ1位の成蹊大との入替戦で生かす。

青学大のほうは、負けられない戦いでキックパスやPGを決めた主将SO桑田宗一郎が引っ張ったほか、POMに選出されたWTB榎本拓真のランも光った。残るはBグループ2位の明治学院大との入替戦のみ、今季のチームの集大成を見せる。

ラグビー日本代表 フランス2023へ:B・Bムック (B・B MOOK 1533) 

 

日体大(15) 35 -17 筑波大(14)

試合は開始13分、筑波大が自陣ゴールを背にキック、10mライン付近で日体大SH梶田壮馬(4年,西陵)がキャッチ、ステップをきりながらディフェンスをかわし左隅へトライを決めた。このあと互いにPGを決めて、45分の日体大はBK展開するとWTBクリスチャン・ラウイ(4年,日体大柏)が抜け出して左中間にトライ、日体大が15-3とリードして前半終了。

後半も勢いは日体大、後半5分にラックから狭いサイドをWTBクリスチャン・ラウイが抜けてトライ、17分にはSH梶田壮馬のインゴールへの小パントをWTB鈴木颯(3年,豊多摩)がつかんで押さえ、27-3とリードを広げる。

追う筑波大は21分、ラインアウトモールからHO肥田晃季(3年,中部大春日丘)がトライ、ロスタイムにもCTB松島聡(3年,大分舞鶴)がトライを決めるが、日体大が35-17で勝利、日体大が13年ぶり25回目の大学選手権出場を決めた。

注目ポイント

日体大は、前半終了間際と後半の入りと重要に時間帯にWTBクリスチャン・ラウイの突破がトライに結びついた。また、この日は2トライで、No8ハラトア・ヴァイレア(4年,日体大柏)と並んで6トライとなった。13年ぶりの大学選手権出場となり、秩父宮で日本大と戦う。

筑波大のほうは、BK展開でなかなかトライが取れない今季を象徴する試合となった。試合終了間際のようなBKが抜け出すシーンを数多くつくりたかった。前半戦はひたむきなディフェンスで台風の目を予感させたが、BKを生かす工夫が最後まで見つからなかった。

才能を解き放つ勝つメンタル ラグビー日本代表コーチが教える「強い心」の作り方 

 

12/4(土)

帝京大(32) 64-14 慶応大(16)

試合は開始早々に動く、前半1分に帝京大は自陣から展開、ハーフウェイライン付近でパスを受けたFB二村莞司(3年,京都成章)が相手に的を絞らせないランでインゴールまで走りきり先制トライ。対する慶応大は5分、ラインアウトモールからHO原田衛(4年,桐蔭学園)が押し込み、18分にはモールからHO原田衛が中央へ走り込みトライを決めた。

追う帝京大は23分、相手陣22mライン付近からPR奥野翔太(4年,常翔学園)が抜け出してそのままインゴールに飛び込んだ。37分にはSO高本幹也(3年,大阪桐蔭)、CTB押川敦治(4年,京都成章)、CTB志和池豊馬(4年,日向)とオフロードパスでつないでトライ、帝京大が前半を21-14とリードして折り返す。

後半は帝京大がPGで差を広げると、11分にPR奥野翔太のバックフリップパスからLO江里口真弘(3年,大分東明)へとつないでトライ。さらに16分にはPR奥野翔太の突進を起点にトライ、18分にはSO高本幹也からスピードのあるフラットなパスでWTB高本とむ(2年,東福岡)、No8奥井章仁(2年,大阪桐蔭)とわたりトライを追加。

20分にもWTB高本とむのキックオフからのカウンターのトライを決めるなど、さらにトライを追加した帝京大が64-14で勝利、3年ぶり10回目の優勝を決めた。

注目ポイント

帝京大は、SO高本幹也からPR奥野翔太を起点に何度もチャンスをつくった。主将PR細木康太郎(4年,桐蔭学園)に代わっての出場となったが、十分な活躍を見せた。前半は2トライを奪われたものの後半は完封、慶応大に3年ぶりの勝利で3年ぶりの優勝となった。

慶応大のほうは、前半はこれまで数多く奪ってきたモールからのトライを奪って互角の戦いとなったが、後半は得点できなかった。FL山本凱(4年,慶応)が前半途中に退いたことも響いたか。

[カンタベリー] ジャパンマスク AA00679 10 L 

 

12/5(日)

明治大(26) 7-17 早稲田(28)

試合は明治大が先制トライ、前半6分に縦につなぎながら攻め込むとラックから展開、CTB廣瀬雄也(2年,東福岡)から内へ折り返しWTB石田吉平(3年,常翔学園)へ、相手ディフェンスを引きずりながらインゴールに押さえた。

対する早稲田は10分にPGを成功させると、24分には相手パスミスのこぼれ球をWTB小泉怜史(3年,早実)が足にかけると、拾ったSH宮尾昌典(1年,京都成章)が走りきりトライを決めた。このあと互いにPGのチャンスを得るもキックは失敗、早稲田が10-7とリードして前半終了。

後半は開始直後に早稲田がSO伊藤大祐(2年,桐蔭学園)の突破からチャンスをつくるもトライならず、明治大のほうもCTB廣瀬雄也のキックパスからWTB松本純弥(4年,佐賀工)がキャッチするもサイドラインへ押し出されてチャンスをものにできなかった。

以降は明治大が攻め込む時間帯が長く、LO山本嶺二郎(2年,京都成章)、WTB石田吉平、FB雲山弘貴(4年,報徳学園)らが再三アタックを試みるが、早稲田のディフェンスは出足が早く崩れずトライは生まれない。

迎えた後半37分、明治大のパスミスのこぼれ球を拾って自陣からカウンター、最後はCTB松下怜央(3年,関東学院六浦)からパスを受けたWTB小泉怜史が40m以上を走ってトライ。早稲田が17-7で勝利、対抗戦2位を決めた。

注目ポイント

明治大は、スクラムで圧倒し再三攻め込むシーンが見られたが、終わってみれば得点は前半6分のトライとコンバージョンゴールのみ。一方で早稲田に奪われた2本のトライは、いずれもパスミスが起点となった。

敗因の一つはアタックに工夫が見られなかったこと、サインプレイやキックを織り交ぜることはほとんどなく、後半24分にはCTB廣瀬雄也が退いてからは相手は的を絞って守ることができたはずだ。また、勝負どころでマイボールラインアウトをクリーンキャッチできなかったことも反省点だろう。

早稲田のほうは、スクラムで押され、守る時間が長く、自らのアタックで取ったトライはなかったが、それでも勝った。勝因はディフェンス、出足がよくタックルがしっかり決まっていた。

ただ、明治大の攻撃が単調だったこともあったので、ディフェンスが万全だったのかどうかは判断できない。大学選手権に向けては、スクラムラインアウトの修正はもちろん、BKでラインブレイクしていくことが必要になる。

お名前.com 

 

関連リンク

daigakurugby.hatenablog.com

daigakurugby.hatenablog.com

 

大学ラグビー.com

 

f:id:daigakurugby:20211129135947p:plain

 

第58回 全国大学ラグビーフットボール選手権大会(2021-2022)

概要

「第58回 全国大学ラグビーフットボール選手権大会(大学選手権)」は、2021年11月21日(日)に1回戦が始まり、2022年1月9日(日)決勝戦で幕を閉じる。

昨年度の第57回大会天理大学が初優勝、関西勢としては36年ぶりの覇権となった。

トピックス

関東大学対抗戦関東大学リーグ戦関西大学リーグでは、新型コロナの影響により延期となった試合はあったが、現時点では中止となった試合はなく予定の試合が消化されている。

今年度は、今年度は一昨年度の決勝進出チームである早稲田大学明治大学が対象に関東大学対抗戦が2チーム増枠、昨年度優勝の天理大学を対象に関西大学リーグから1チームの増枠となった。

ラグビーマガジン 2021年 12 月号 [雑誌] 

 

出場校

関東大学対抗戦関東大学リーグ戦関西大学リーグの各3枠に加え、一昨年度の決勝進出チームの所属リーグにプラス1枠、昨年度の優勝チームの所属リーグに1枠が与えられた。関東大学対抗戦が5枠、関西大学リーグが4枠に増枠となった。(cは主将)

関東大学対抗戦
1位帝京大学/23年連続29回目(c細木康太郎)
2位早稲田大学/38年連続55回目(c長田智希)
3位明治大学/13年連続50回目(c飯沼蓮)
4位慶應義塾大学/2年連続38回目(c原田衛)
5位日本体育大学/13年ぶり25回目(c髙橋泰地)

関東大学リーグ戦
1位東海大学/17年連続19回目(cジョーンズリチャード剛)
2位日本大学/3年連続20回目(c飯田光紀)
3位大東文化大学/3年ぶり27回目(c平田快笙)

関西大学リーグ
1位京都産業大学/9年連続35回目(c平野叶翔)
2位近畿大学/9年ぶり10回目(c福山竜斗)
3位天理大学/8年連続30回目(c佐藤康)
4位同志社大学/3年連続53回目(c南光希)

<東北・北海道代表>
八戸学院大学/3年連続4回目(c川崎拓朗)

<東海・北陸・中国・四国代表>
朝日大学/10年連続10回目(c大野京介)

<九州学生リーグ>
福岡大学/4年ぶり28回目(c梶本聖一郎)

エンスカイ ラグビー日本代表 2022年 カレンダー 壁掛け CL-574 

 

トーナメント

f:id:daigakurugby:20211205164955p:plain

第58回 大学選手権 トーナメント

 

試合結果

1回戦 11/21(日)

パロマ瑞穂ラグビー場

朝日大学60-7八戸学院大学(前半27-0)詳細

2回戦 11/28(日)

博多の森陸上競技

福岡大学21-36朝日大学(前半21-7)詳細

3回戦 12/12(日)

東大阪市花園ラグビー場

 同志社大学 13:00 朝日大学

4回戦 12/18(土)

秩父宮ラグビー場
  近畿大学 11:30 慶應義塾大学 … A
日本大学 14:00 日本体育大学 … B

東大阪市花園ラグビー場
大東文化大学 11:45 3回戦の勝者 … C
 明治大学 14:00 天理大学 … D

準々決勝 12/26(日)

秩父宮ラグビー場
Dの勝者 11:30 早稲田大学 … E
帝京大学 14:00 Cの勝者 … F

熊谷ラグビー場
Bの勝者 11:30 京都産業大学 … G
東海大学 14:00 Aの勝者 … H

準決勝1/2(日)

国立競技場
Hの勝者 11:30 Eの勝者 … I
Fの勝者 14:40 Gの勝者 … J

決勝 1/9(日)

国立競技場
Jの勝者 13:15 Iの勝者

【ラグビーワールドカップ2023メモリアルデザイン缶】アサヒスーパードライ [ ビール 350ml×24本 ] 

 

関連リンク

daigakurugby.nobody.jp

daigakurugby.hatenablog.com

 

 

 

大学ラグビー.com

2021年度 大学ラグビーカレンダー

2021年度の大学ラグビーについて、関東大学対抗戦Aグループ、関東大学リーグ戦1部リーグ、関西大学ラグビーAリーグを中心とした日程一覧です。随時、追加や変更をしていきます。

結果やメンバーなどは、<大学ラグビー.com>に随時掲載。

ラグビーマガジン 2021年 09 月号 [雑誌] 

 

大学ラグビーカレンダー

4月

17 土 京産大 61-  0 朝日大学

25 日 同志社 13:00 立命館 京都スタジアム 亀岡市ラグビー 延期検討

5月

  2 日 日体大 10:15 朝日大 日体大G
  2 日 日本大 19-24 明治大 日本大G 関東大学春季大会A

  2 日 慶応大 13:00 流経大 慶応大G 関東大学春季大会A →延期検討

  5 水 同志社   v s   京産大 宝ヶ池球技場 同志社ラグビー
  9 日 法政大 26-25 青学大 青学大G
  9 日 関東学 22-66 大東大 ギオンパーク

  9 日 明治大 68-29 流経大 明治大G 関東大学春季大会A

  9 日 早稲田 26-48 東海大 早稲田G 関東大学春季大会A

15 土 近畿大 87-  0 朝日大 神鋼灘浜 関西大学春季トーナメント1回戦
15 土 摂南大 50-21 龍谷大 摂南大G 関西大学春季トーナメント1回戦
16 日 早稲田 13:00 慶応大 新潟ビッグスワン 大学招待ラグビーinNIIGATA2021 →延期検討
16 日 京産大   v s   天理大

16 日 日体大 12:00 中央大 日体大G 関東大学春季大会B →延期検討

16 日 筑波大 12-34 法政大 セナリオH三郷 関東大学春季大会B

16 日 帝京大 57-  7 大東大 帝京大G 関東大学春季大会B

16 日 東洋大 57-14 立教大 立教大G 関東大学春季大会C

16 日 専修大 12:00 成蹊大 専修大G 関東大学春季大会C →6/27へ

16 日 関東学 26-22 青学大 ギオンパーク 関東大学春季大会C
16 日 立命館 13:00 大体大 大体大G 関西大学春季トーナメント1回戦 →5/29へ
16 日 関西大 12:00 環太平 関西大G 関西大学春季トーナメン1回戦ト →関西大の不戦勝


23 日 山梨学 38-20 日体大 JITリ(甲府) UTY招待ラグビー
23 日 関学大 13:00 京産大 京産大G

23 日 明治大 13:30 東海大 JITリ(甲府) 関東大学春季大会A UTY招待ラグビー →6/6へ
23 日 関西大 19-70 同志社 関大高槻G 関西大学春季トーナメント2回戦
23 日 筑波大 38-35 流経大 流経大G
23 日 天理大 26-19 京産大 不明



29 土 立命館 13:30 大体大 布引GS 関西大学春季トーナメント1回戦

30 日 天理大 13:00 東海大 天理親里 NARA Rugby Spring Carnival

30 日 同志社 14:10 慶応大 西京極   京都ラグビー
30 日 明治大   v s   早稲田 成田中台 成田ラグビーフェスティバル
30 日 関学大 14:10 関西大 関西大G 関関戦 →中止
30 日 流経大 17-17 日本大 流経大G 龍ケ崎ラグビーフェスティバル

30 日 筑波大 20-26 大東大 セナリオH三郷 関東大学春季大会B

30 日 帝京大 87-12 中央大 帝京大G 関東大学春季大会B

30 日 日体大 12-73 法政大 日体大G 関東大学春季大会B

30 日 立教大 17-66 専修大 立教大G 関東大学春季大会C

30 日 成蹊大   0-54 関東学 成蹊大G 関東大学春季大会C
30 日 天理大 27-22 近畿大 天理大G 関西大学春季トーナメント2回戦

6月

  6 日 明治大 13:00 慶応大 いわきGF いわき市ラグビーフェスティバル
  6 日 早稲田 31-17 日本大 早稲田G 関東大学春季大会A
  6 日 明治大 28-26 東海大 明治大G 関東大学春季大会A

  6 日 帝京大 45-  5 法政大 帝京大G 関東大学春季大会B

  6 日 青学大 34-28 東洋大 青学大G 関東大学春季大会C
  6 日 京産大 50-22 摂南大 摂南大G 関西大学春季トーナメント2回戦
  6 日 大体大   5-64 関学大 神鋼灘浜 関西大学春季トーナメント2回戦
  6 日 朝日大 13:00 立命館 朝日大G 関西大学春季トーナメント敗者戦

12 日 立命館 26-33 摂南大 皇子山 滋賀県ラグビー祭
12 日 龍谷44-  7 環太平 神鋼灘浜 関西大学春季トーナメント敗者戦
13 日 同志社 14:00 早稲田 パロマ瑞穂 愛知県ラグビー
13 日 明治大 28-32 帝京大 静岡エコパ 静岡ラグビーカーニバル
13 日 筑波大 52-17 中央大 セナリオH三郷 関東大学春季大会B

13 日 日体大 17-76 大東大 日体大G 関東大学春季大会B

13 日 東洋大 80-  7 成蹊大 成蹊大G 関東大学春季大会C

13 日 青学大 27-36 専修大 青学大G 関東大学春季大会C

13 日 関東学 70-12 立教大 ギオンパーク 関東大学春季大会C
13 日 近畿大 64-10 大体大 神戸ユニバ 関西大学春季トーナメント敗者3rd
13 日 天理大 55-12 関学大 神戸ユニバ 関西大学春季トーナメント準決勝


20 日 日体大 12-61関東学 ギオンパーク (後半選手総入替)
20 日 関学大   v s   青学大 →中止
20 日 流経大 13:00 早稲田 流経大G 関東大学春季大会 →延期検討

20 日 東海大 14:00 慶応大 静岡エコパ 関東大学春季大会 →延期検討
20 日 摂南大 45-19 関西大 摂南大G 関西大学春季トーナメント敗者3rd
20 日 京産大 20-21 同志社 神鋼灘浜 関西大学春季トーナメント準決勝

20 日 天理大 21-26 明治大 飯田市総合 飯田ラグビーフェスティバル
20 日 日本大 31-43 大東大 日本大G
20 日 関学大 26-17 立命館 天理親里 (40分のみ)
20 日 関学大 12-17 近畿大 天理親里 (40分のみ)


27 日 同志社   v s   立教大 同志社G
27 日 帝京大 35-31 東海大
27 日 法政大 36-33 関東学 法政大G
27 日 関学大 61-26 関西大 関西大G
27 日 天理大 35-20 筑波大 天理大G
27 日 同志社 45-28 近畿大
27 日 関学大   v s   関東学 ギオンパーク
27 日 関西大 13:00 法政大 関西大G 定期戦
27 日 慶応大 13:00 日本大 慶応大G 関東大学春季大会A →延期検討

27 日 専修大 11:00 成蹊大 専修大G 関東大学春季大会C →7/3へ

27 日 朝日大 12:00 環太平 天理親里 関西大学春季トーナメント11,12位
27 日 立命館 20-17 龍谷大 天理親里 関西大学春季トーナメント9,10位

7月

  3 日 専修大 12:00 成蹊大 専修大G 関東大学春季大会C
  3 日 大体大 14-35 関西大 天理親里 関西大学春季トーナメント7,8位
  3 日 近畿大 66-26 摂南大 天理親里 関西大学春季トーナメント5,6位
  4 日 立教大 26-45 青学大 立教大G
  4 日 関学大   5-90 京産大 天理親里 関西大学春季トーナメント3,4位
  4 日 天理大 19-35 同志社 天理親里 関西大学春季トーナメント1,2位


11 日 京産大 69-17 関西大 関西大G


18 日 立命館 48-14 関西大 関西大G
 

ラグビー日本代表 フランス2023へ:B・Bムック (B・B MOOK 1533) 

 

8月

16 月 慶応大 26-43 帝京大 サニアパーク
17 火 筑波大 65-14 関東学院 サニアパークD
17 火 関学大 36-48 帝京大 サニアパークC
19 木 天理大 50-  0 流経大 サニアパーク
20 金 関学大 14:00 日本大 菅平45 → 中止

22 日 天理大 10-28 明治大 サニアパーク
22 日 慶応大 13:00 東海大 サニアパークC
22 日 帝京大 24-40 早稲田 サニアパークD

23 月 筑波大 50-14 関学大 サニアパークC
25 水 帝京大 40-14 天理大 サニアパーク
25 水 関学大 31-12 青学大 サニアパークD(後半途中中断終了)
27 金 関学大 54-33 拓殖大 菅平63(vs日体大からvs拓殖大に変更)
28 土 明治大 34-38 早稲田 サニアパーク

ラグビーマガジン 2021年 10 月号 [雑誌] 別冊付録:大学ラグビー写真名鑑 

 

9月

11 土 中央大 15:00 法政大 秋葉台 関東大学リーグ戦 →10/16or17へ
12 日 帝京大 17-  7 筑波大 熊谷 関東大学対抗戦
12 日 早稲田 70-  0 立教大 熊谷 関東大学対抗戦
12 日 青学大   3-52 明治大 明治大G 関東大学対抗
12 日 専修大 15:00 東海大 東海大G 関東大学リーグ戦 →10/16へ

12 日 流経大 15:00 関東学 流経大関東大学リーグ戦 →10/17へ
12 日 大東大 15:00 日本大 日本大G 関東大学リーグ戦 →10/17へ

18 土 京産大 11:45 摂南大 宝ヶ池 関西大学ラグビー →10/24へ
18 土 同志社 75-  8 関西大 宝ヶ池 関西大学ラグビー(開始時間繰り上げ)
18 土 立教大   7-68 明治大 敷島 関東大学対抗戦
18 土 慶応大 43-  5 日体大 秋葉台 関東大学対抗戦
19 日 立命館 43-24 関学大 ヤンマー長居 関西大学ラグビー
19 日 近畿大 23-  7 天理大 ヤンマー長居 関西大学ラグビー

25 土 青学大   0-52 帝京大 上柚木陸上 関東大学対抗戦
25 土 早稲田 96-  0 日体大 上柚木陸上 関東大学対抗戦
26 日 日本大 50-22 中央大 熊谷B 関東大学リーグ戦
26 日 筑波大 34-12 慶応大 足利 関東大学対抗戦
26 日 流経大   7-29 大東大 熊谷B 関東大学リーグ戦
26 日 東海大 57-  5 関東学 小田原市城山陸上 関東大学リーグ戦
26 日 法政大 43-28 専修大 専修大G 関東大学リーグ戦

10月

  3 日 関学大 27-38 摂南大 天理親里 関西大学ラグビー
  3 日 天理大 69-21 関西大 天理親里 関西大学ラグビー

  9 土 筑波大 14-21 早稲田 江戸川 関東大学対抗戦
  9 土 立命館 20-41 京産大 布引GS 関西大学ラグビー
  9 土 東海大 42-  5 大東大 東海大関東大学リーグ戦
  9 土 関東学 20-17 法政大 関東学G 関東大学リーグ戦
  9 土 明治大 46-10 日体大 江戸川 関東大学対抗戦
  9 土 同志社 10-24 近畿大 布引GS 関西大学ラグビー
10 日 慶応大 40-14 青学大 慶応大G 関東大学対抗戦
10 日 立教大  0-103 帝京大 帝京大G 関東大学対抗戦
10 日 中央大 42-22 流経大 流経大関東大学リーグ戦
10 日 専修大   3-86 日本大 日本大G 関東大学リーグ戦

16 土 関学大 22-27 関西大 天理親里 関西大学ラグビー
16 土 専修大   0-71 東海大 東海大G 関東大学リーグ戦(←9/12)
16 土 中央大 13-40 法政大 会場不明 関東大学リーグ戦(←9/11)
16 土 天理大 40-  0 摂南大 天理親里 関西大学ラグビー
17 日 京産大 16-12 近畿大 皇子山 関西大学ラグビー
17 日 流経大 31-27 関東学 流経大G 関東大学リーグ戦(←9/12)
17 日 大東大   0-31 日本大 日本大G 関東大学リーグ戦(←9/12)
17 日 立命館 14-42 同志社 皇子山 関西大学ラグビー

23 土 青学大 13-61 早稲田 敷島 関東大学対抗戦
23 土 立教大   5-41 慶応大 セナリオH三郷 関東大学対抗戦
24 日 明治大 53-14 筑波大 セナリオH三郷 関東大学対抗戦
24 日 帝京大 91-18 日体大 帝京大G 関東大学対抗戦

24 日 京産大 44-14 摂南大 布引GS 関西大学ラグビー(←9/18)

30 土 近畿大 62-35 関学大 鶴見緑地 関西大学ラグビー
30 土 法政大 21-29 大東大 セナリオH三郷 関東大学リーグ戦
30 土 摂南大   5-45 同志社 鶴見緑地 関西大学ラグビー
30 土 流経大 31-27 専修大 セナリオH三郷 関東大学リーグ戦
31 日 関東学 22-34 日本大 セナリオH三郷 関東大学リーグ戦
31 日 関西大 24-59 京産大 天理親里 関西大学ラグビー

31 日 東海大 74-  7 中央大 セナリオH三郷 関東大学リーグ戦
31 日 天理大 42-14 立命館 天理親里 関西大学ラグビー

11月

  3 日 早稲田 22-29 帝京大 駒沢 関東大学対抗戦
  3 日 慶応大 17-46 明治大 駒沢 関東大学対抗戦

  6 土 同志社 19-22 京産大 天理親里 関西大学ラグビー
  6 土 天理大 38-17 関学大 天理親里 関西大学ラグビー
  7 日 日本大 34-22 流経大 上柚木陸上 関東大学リーグ戦
  7 日 摂南大 17-19 関西大 鶴見緑地 関西大学ラグビー
  7 日 筑波大 24-21 青学大 青学大G 関東大学対抗戦
  7 日 日体大 65-10 立教大 日体大G 関東大学対抗戦

  7 日 関東学 29-71 大東大 関東学G 関東大学リーグ戦
  7 日 中央大 35-17 専修大 専修大関東大学リーグ戦
  7 日 東海大 64-26 法政大 上柚木陸上 関東大学リーグ戦
  7 日 近畿大 35-17 立命館 鶴見緑地 関西大学ラグビー

20 土 筑波大 27-20 立教大 秩父宮 関東大学対抗戦
20 土 関学大   0-68 同志社 神戸ユニバー 関西大学ラグビー
20 土 日体大 32-17 青学大 大和SC 関東大学対抗戦
20 土 明治大   7-14 帝京大 秩父宮 関東大学対抗戦
20 土 京産大 19-10 天理大 神戸ユニバー 関西大学ラグビー
21 日 法政大 17-18 流経大 夢の島 関東大学リーグ戦
21 日 大東大 45-21 専修大 AGF 関東大学リーグ戦
21 日 近畿大 43-14 摂南大 ヤンマー長居 関西大学ラグビー
21 日 朝日大 60-  7 八戸学 パロマ瑞穂 大学選手権1回戦
21 日 日本大 19-19 東海大 夢の島 関東大学リーグ戦
21 日 中央大 12-35 関東学 AGF 関東大学リーグ戦

21 日 関西大 17-19 立命館 ヤンマー長居 関西大学ラグビー

23 火 早稲田 40-33 慶応大 秩父宮 関東大学対抗戦
27 土 立教大 25-34 青学大 江戸川 関東大学対抗戦
27 土 日体大 35-17 筑波大 江戸川 関東大学対抗戦
28 日 法政大 12-71 日本大 秩父宮 関東大学リーグ戦
28 日 専修大 27-68 関東学 セナリオH三郷 関東大学リーグ戦
28 日 関西大 14-57 近畿大 ヤンマー長居 関西大学ラグビー
28 日 福岡大 21-36 朝日大 博多の森 大学選手権2回戦
28 日 流経大 19-71 東海大 秩父宮 関東大学リーグ戦
28 日 大東大 50-13 中央大 セナリオH三郷 関東大学リーグ戦
28 日 摂南大 21-41 立命館 ヤンマー長居 関西大学ラグビー

12月

  4 土 京産大 33-  5 関学大 たけびし京都 関西大学ラグビー
  4 土 帝京大 64-14 慶応大 秩父宮 関東大学対抗戦
  4 土 同志社 25-27 天理大 たけびし京都 関西大学ラグビー
  5 日 明治大   7-17 早稲田 秩父宮 関東大学対抗戦

11 土 中央大 11:30 東洋大 熊谷 関東大学リーグ戦
11 土 関学大 11:45 大体大 宝ヶ池 関西大学ラグビー入替戦
11 土 専修大 14:00 立正大 熊谷 関東大学リーグ戦
11 土 摂南大 14:00 龍谷大 宝ヶ池 関西大学ラグビー入替戦
12 日 青学大 11:30 明学大 熊谷 関東大学対抗戦
12 日 同志社 13:00 朝日大 花園 大学選手権3回戦
12 日 立教大 14:00 成蹊大 熊谷 関東大学対抗戦

18 日 近畿大 11:30 慶応大 秩父宮 大学選手権4回戦③
18 日 大東大 11:45 3回戦勝者 花園 大学選手権4回戦①
18 日 日本大 14:00 日体大 秩父宮 大学選手権4回戦②
18 日 明治大 14:00 天理大 花園 大学選手権4回戦④

26 日 4回戦④勝者 11:30 早稲田 秩父宮 大学選手権準々決勝④
26 日 4回戦②勝者 11:30 京産大 熊谷 
大学選手権準々決勝②
26 日 帝京大 14:00 4回戦①勝者 秩父宮 大学選手権準々決勝①
26 日 東海大 14:00 4回戦③勝者 熊谷
 大学選手権準々決勝③

1月

  2 日 準々決勝③勝者 11:30 準々決勝④勝者 国立競技場 大学選手権準決勝② 
  2 日 準々決勝①勝者 14:40 準々決勝②勝者 国立競技場 大学選手権準決勝①

  9 日 準決勝①勝者 13:15 準決勝②勝者 国立競技場 大学選手権決勝

  

Number(ナンバー)1020号[雑誌]日本ラグビー 主将に学べ 

 

関連リンク 

daigakurugby.hatenablog.com

 

 

 

大学ラグビー.com

 

f:id:daigakurugby:20210414164054p:plain

 

2021 対抗戦 第7戦 <直前チェック> … 早明戦 慶応vs帝京 など

概要

2021年度の関東大学対抗戦、最終戦となる第7戦は、11/27(土)に2試合、12/4(土)に1試合、12/5(日)に1試合が行われる。Aグループは、明治大学早稲田大学慶應義塾大学帝京大学筑波大学日本体育大学立教大学青山学院大学の8チーム。

ここまでの成績

今季は勝ち点制、勝ち4、引き分け2、負け0のほか、「3トライ差をつけた場合」「7点差以内の負け」にボーナスポイントとして1点が加わる。

11/23(火・祝)終了時点の成績は次の通り。

帝京大 6勝0敗 勝点27 得失点+252
明治大 5勝1敗 勝点26 得失点+207
早稲田 5勝1敗 勝点24 得失点+221
慶応大 3勝3敗 勝点15 得失点  +42
筑波大 3勝3敗 勝点14 得失点  -24
日体大 2勝4敗 勝点10 得失点-173
青学大 0勝6敗 勝点  1 得失点-193
立教大 0勝6敗 勝点  1 得失点-332

対戦表詳細は → 関東大学対抗戦対戦表

トライランキング(11/23終了時)

8T 槇瑛人/早稲田
8T 原田衛/慶応大
7T 松本純弥/明治大
7T 江良颯/帝京大
7T 鈴村淳史/筑波大

トライランキング詳細は → トライランキング

ゴールランキング(11/23終了時、PG含む)

35G 高本幹也/帝京大 70.0%
29G 吉村紘/早稲田 76.3%
26G 廣瀬雄也/明治大 72.2%

ゴールランキング詳細は → ゴールランキング

 

 

ラグビーマガジン 2021年 10 月号 [雑誌] 別冊付録/大学ラグビー選手名鑑 

 

11/27(土)

立教大 11:30 青学大(江戸川/有観客)

互いに勝点1の両チーム、この試合の結果によりそれぞれが7位または8位となる。7位はBグループ2位と、8位はBグループ1位との入替戦を戦うことになる。昨年の対戦は、立教大が先制し常にリードする展開、青学大が終盤のトライで追い上げるも立教大が22-17で勝利。

立教大は、昨年の上位4チームのほか5戦目の日体大にも大きく点差を広げられての完敗となった。しかし、6戦目の筑波大戦は後半7分のPGでリードを奪う場面もあるなど健闘、7点差で敗れ勝点1を手にした。ただ、一旦崩れると連続でトライを奪われることが多く、勝つためには修正が必要となる。

青学大のほうは、早稲田戦で前半の終わり頃までリードするなど健闘、5戦目の筑波大戦でも激しいディフェンスと終盤の追い上げで同点に追いつくなど粘りを見せた。今季は6戦までで261失点、昨年の6戦目までの441失点と比べて大幅に改善している。今季のディフェンスのよさが出せれば勝利は近づく。

メンバー表チェック

立教大のスタメンは、6戦目と全く同じ。また、5,6戦同様にSO安藤海志(3年,京都成章)、CTB中優人(1年,桐蔭学園)という布陣となる。リザーブのLO/FL鈴木惣史(4年,仙台育英)は4戦ぶりのメンバー入りとなった。

f:id:daigakurugby:20211126143913p:plain

立教大 メンバー

青学大のほうは、春以来のメンバー入りとなったPR安部駿亮(1年,大分舞鶴)、前の試合でリザーブに入ったCTB田口公暉(3年,桐蔭学園)らは初スタメンとなる。また、4戦ぶりにFL金原匡佑(3年,國學院久我山)がスタメンに戻った。

f:id:daigakurugby:20211126143933p:plain

青学大 メンバー
過去の対戦

2018 対戦なし
2019 対戦なし
2020 立教大22-17青学大

FW平均体重

立教大 97.8kg
青学大 97.3kg

FW高身長選手(cm)

立教大 LO守源184,LO村田裕太183,No8紀伊雄介182,PR大和大祐180
青学大 LO江金海188,LO清原裕揮187

 

日体大 14:00 筑波大(江戸川/有観客)

暫定6位の日体大は勝点10、暫定5位の筑波大は勝点14、日体大が大学選手権に出場するには勝点4の差を縮めて勝つ必要がある。昨年の対戦は、前半はPG合戦となり筑波大は3-6とリードを許すも、後半は途中出場のFB松永貫汰(4年,大産大附)のハットトリックなど6トライの猛攻で突き放し41-14で勝利となった。

ここまでの日体大は、昨年上位の4チームには完敗したものの、立教大から10トライを奪っての勝利、今季ディフェンスのよい青学大にも前半から3トライを奪って快勝している。No8ハラトア・ヴァイレア(4年,日体大柏)が6トライ、WTBクリスチャン・ラウイ(4年,日体大柏)が4トライと留学生が力を発揮している。

筑波大のほうは、慶応大に勝利し、早稲田や帝京大にも健闘したが、4戦目以降は調子が上がらない。前半戦のようなディフェンスが見られれば、日体大の攻撃も封じることができるがどうか。また、今季はBKでのトライがやや影を潜めており、BK展開によるトライが見られるかも注目される。

メンバー表チェック

日体大は、リザーブも含めてメンバー全員が前の試合と同じとなる。先週の青学大戦からSO勝目龍馬(1年,佐賀工)、FB貝森瞭太(4年,つくば秀英)という布陣、貝森瞭太は先週はプレイスキッカーも務めた。

f:id:daigakurugby:20211126153048p:plain

日体大 メンバー

筑波大のほうは、先週欠場した主将FB松永貫汰(4年,大産大附)がリザーブで復帰、No8髙田風吾(4年,桐蔭学園)は5戦ぶりのメンバー入りで初スタメン。また、LO菅井奏良(3年,安積)はリザーブで今季初のメンバー入りとなる。

f:id:daigakurugby:20211126153104p:plain

筑波大 メンバー
過去の対戦

2018 日体大24-55筑波大
2019 日体大23-46筑波大
2020 日体大14-41筑波大

FW平均体重

日体大 102.1kg
筑波大 103.1kg

FWの高身長選手(cm)

日体大 PRミキロニ・リサラ186,No8ハラトア・ヴァイレア184,LO諏訪和希182,PR砂田優希180
筑波大 LO八木澤龍翔188,FL梁川賢吉188,LO小山峻哉180

ラグビー日本代表 フランス2023へ:B・Bムック (B・B MOOK 1533) 

 

12/4(土)

帝京大 13:00 慶応大(秩父宮/有観客)

全勝し暫定1位で勝点27の帝京大は、3年ぶりの優勝を狙う。慶応大は3勝3敗で4位が確定、大学選手権では関西2位との対戦が決まっている。昨年の対戦は、帝京大が先行する展開も、7点を追う慶応大はロスタイムに2つのトライを決めて30-27で逆転勝利。

今季の帝京大は、開幕戦で筑波大のディフェンスに苦しみながらも勝利、以降は順調に勝利を重ねた。5戦目の早稲田戦はFWで圧倒し逃げ切っての勝利、6戦目の明治大戦では後半は無得点も相手を1トライに抑えて逃げ切った。昨年は後半にペナルティからの失点が見られたが今季は改善、ペナルティが最小限に留められれば勝利に近づく。

慶応大のほうは、2戦目に筑波大に敗れると、昨年勝利した明治大にも先行されて追いつけなかった。前節の早慶戦では、前半で30点差をつけられながら後半は7点差まで追い上げた。状況がどうあってもひたむきさを失わない慶応大だけに、順位が確定したとはいえモチベーションが下がることはないだろう。

メンバー表チェック

帝京大は、主将PR細木康太郎(4年,桐蔭学園)が欠場、スタメンにPR奥野翔太(4年,常翔学園)、リザーブには今季初のメンバー入りとなるPR山本渓太(4年,國學院久我山)が入った。前節欠場だったFL上山黎哉(4年,大阪桐蔭)がスタメン復帰、ゲームキャプテンを務める。

f:id:daigakurugby:20211203130013p:plain

帝京大 メンバー

慶応大のほうは、前節リザーブで復帰したFL今野勇久(3年,桐蔭学園)、前節リザーブから初出場となったCTB菅涼介(4年,慶応)がそれぞれ先発する。SHは前節同様に小城大和(1年,北嶺)がスタメンとなる。

f:id:daigakurugby:20211203130028p:plain

慶応大 メンバー
過去の対戦

2018 帝京大24-19慶応大
2019 帝京大24-29慶応大
2020 帝京大27-30慶応大

FW平均体重

帝京大 107.3kg
慶応大 101.3kg

FW高身長選手(cm)

帝京大 LO本橋拓馬192,FL青木恵斗187,LO江里口真弘185
慶応大 LOアイザイア・マプスア193,LO村松龍之介180,No8高武俊輔180

 

12/5(日)

明治大 14:00 早稲田(秩父宮/有観客)

ともに帝京大に敗れて5勝1敗、勝点は明治大が26、早稲田が24となっている。帝京大の結果によっては1-3位の可能性が残されている。昨年の対戦は、明治大が先に3トライを奪い21-0とリード、早稲田は2トライを返すも、明治大が34-14で勝利となった。

ここまでの明治大は、開幕から危なげなく勝利を重ね、4戦目の筑波大、5戦目の慶応大にも前半からリードを保ち勝利。6戦目の帝京大戦では、前半を0-14のビハインドで終えると、後半は再三チャンスをつくるも1トライのみ、7-14で敗れた。

早稲田のほうは開幕から4連勝、筑波大に終盤7点差に追い上げられたり、青学大戦でも前半終了間際までリードを許すシーンもあったが勝利をものにした。次の帝京大戦はFWで圧倒され敗戦、6戦目の早慶戦では前半の大量リードで逃げ切った。

明治大はCTB齊藤誉哉(3年,桐生第一)、早稲田は主将CTB長田智希(4年,東海大仰星)が欠場、ともにBKで変化を生み出せる選手を欠く。ブレイクダウンの攻防が鍵を握るほか、BKでテンポとメリハリをつけられたほうのトライが増えていくか。

なお、前日に帝京大が優勝を決めると、両者はそれぞれ2位か3位が確定する。12/26には大学選手権4回戦「対抗戦3位と関西3位の勝者vs対抗戦2位」というカードが組まれており、大学選手権の早い段階で再戦する可能性がある。

なお、これまでの詳しいデータは ↓ ↓ ↓

daigakurugby.hatenablog.com

メンバー表チェック

明治大は、PR中村公星(3年,國學院栃木)が今季初スタメン、PR山本耕生(4年,桐蔭学園)はリザーブにまわる。192cm103kgのCTB児玉樹(4年,秋田工)はリザーブから入って、BK陣の核となる。

f:id:daigakurugby:20211203152926p:plain

明治大 メンバー

早稲田のほうは、ここまで全戦スタメンだった主将CTB長田智希(4年,東海大仰星)を欠く。早慶戦に続いてSOに伊藤大祐(2年,桐蔭学園)が入り、WTB小泉怜史(3年,早実)は今季初スタメン、FB遠山拓(4年,國學院久我山)は初のメンバー入りとなった。

f:id:daigakurugby:20211203152940p:plain

早稲田 メンバー
過去の対戦

2018 明治大27-31早稲田
2019 明治大36-  7早稲田
2020 明治大34-14早稲田

FW平均体重

明治大 103.5kg
早稲田 101.6kg

FW高身長選手(cm)

明治大 LO山本嶺二郎191,LO武内慎191,FL木戸大士郎185,PR中村公星183
早稲田 LO村田陣悟185,LO桑田陽介185,PR小林賢太181,FL相良昌彦180

[カンタベリー] ジャパンマスク AA00679 10 L 

 

関連リンク

daigakurugby.hatenablog.com

daigakurugby.hatenablog.com

 

 

 

大学ラグビー.com

 

f:id:daigakurugby:20211126125539p:plain

 

2021 関西Aリーグ 第7節 <直前チェック> … 同志社vs天理大 京産大vs関学大 など

概要

関西大学ラグビーAリーグ第7節は、11/28(日)に2試合、12/4(土)に2試合が行われる。Aリーグは、天理大学同志社大学京都産業大学関西学院大学立命館大学摂南大学関西大学近畿大学の8チーム。

今季の順位決定方法は勝ち点制となる。勝ち4点、引き分け2点、負け0点、ボーナスポイントとして「7点差以内の負け」「勝敗関係なく4トライ以上」のチームに1点が与えられる。また、昨年行われなかった入替戦は、今季は実施予定。

ここまでの結果

11/21(日)終了時点での成績は次の通り。2チームの勝点が並んだ場合は、直接対決の結果、得失点差の準で順位決定。

京産大 6勝0敗 勝点27 得失点差+102
近畿大 5勝1敗 勝点24 得失点差+100
同志社 4勝2敗 勝点21 得失点差+186
天理大 4勝2敗 勝点20 得失点差+112
関西大 2勝4敗 勝点10 得失点差-145
立命館 2勝4敗 勝点  9 得失点差-74
摂南大 1勝5敗 勝点  6 得失点差-130
関学大 0勝6敗 勝点  3 得失点差-151

対戦表詳細は → 関西Aリーグ対戦表

トライランキング(11/21終了時)

8T アサエリ・ラウシ/京産大
8T 植田和磨/近畿大
6T 内村祐介/天理大

トライランキング詳細は → トライランキング

ゴールランキング(11/21終了時、PG含む)

30G 嘉納一千/同志社 85.7%
23G 筒口允之/天理大 76.7%
16G 3人

ゴールランキング詳細は → ゴールランキング

 

ラグビーマガジン 2021年 10 月号 [雑誌] 別冊付録/大学ラグビー選手名鑑 

 

11/28(日)

関西大 11:45 近畿大(ヤンマー長居/有観客)

2勝4敗で暫定5位の関西大は、2017以来のリーグ戦3勝を目指す。5勝1敗の暫定2位で初優勝の可能性を残す近畿大、勝って京産大の結果を待ちたい。昨年は近畿大が辞退し、対戦していない。

ここまでの関西大は、1,2戦と失点が多く完敗するが、3戦目の関学大にはロスタイムの逆転トライで劇的勝利を収めた。5,6戦目はロースコアの僅差の試合、摂南大に勝利するも立命館には敗れた。天理大から3トライ、京産大から4トライを奪い健闘したが、後半戦はロースコアの戦いとなっている。近畿大に対しては、FWの頑張りが欠かせない。

近畿大のほうは、開幕から天理大、同志社を1トライに抑えての勝利、後半はやや失トライが増えるもそれ以上の攻撃力を見せて勝利を重ねてきた。強力FWとコンビネーションのよいBKは簡単に止めることはできない。

メンバー表チェック

関西大は、前節欠場の主将PR龍田恭佑(4年,京都成章)はリザーブで復帰する。また、HO今井虎太郎(3年,尾道)が3戦ぶりにスタメン復帰、FB石田航希(3年,関大一)は初スタメン。

f:id:daigakurugby:20211128084100p:plain

関西大 メンバー

近畿大のほうは、基本的なメンバーは変わらないが、HO宮崎賢輝(3年,長崎南山)が初スタメン、ルーキーCTB/FB藤岡竜也(1年,浪速)は初めてのメンバー入りとなる。

f:id:daigakurugby:20211128084119p:plain

近畿大 メンバー
過去の対戦

2018 関西大22-36近畿大
2019 対戦なし
2020 関西大 中止 近畿大近畿大が棄権、関西大が不戦勝)

FW平均体重

関西大   95.9kg
近畿大 100.3kg

FWの高身長選手(cm)

関西大 LO篠田昂征183,LO栗本勘司181,No8池原自恩180
近畿大 LO山本秀190,LO甲斐登生183

 

摂南大 14:00 立命館(ヤンマー長居/有観客)

摂南大は1勝5敗で勝点6の暫定7位、立命館は2勝4敗で勝点10、いずれか負けたほうが入替戦へとまわる可能性が高くなる。昨年の対戦は、前半を19-19の同点で終え、後半開始から立命館が3連続トライなどで優勢に試合をすすめて55-33で勝利となった。

ここまでの摂南大は、初戦で関学大に勝利したあとは5連敗となった。5戦目の関西大戦では、終盤に2点差に詰め寄るも逃げ切られた。今季は試合序盤のディフェンスが機能しているものの、6戦で13トライと思うようにトライが取れていない。今節はテビタ・タイ(4年,トゥポウC)をWTBに配置、効果はあるか。

立命館のほうも、開幕戦で関学大を破るも波に乗れない。昨年の上位チームには、前半は互角の戦いを見せるも後半は突き放される展開が目立った。ポテンシャルを考えると、とくに攻撃面では物足りない。最終戦でうっぷんを晴らせるか。

メンバー表チェック

摂南大は、前節欠場のLO徳永リオ吉平(3年,上宮)がスタメンで復帰、前節リザーブのCTB河波風太(4年,和歌山工)もスタメンに戻る。

f:id:daigakurugby:20211128084135p:plain

摂南大 メンバー

立命館のほうは、メンバー23人とも前節同様となる。CTB江川剛人(2年,桐蔭学園)は3戦連続でのスタメン。

f:id:daigakurugby:20211128084148p:plain

立命館 メンバー
過去の対戦

2018 対戦なし
2019 摂南大19-43立命館
2020 摂南大33-55立命館(順位決定戦)

FW平均体重

摂南大 96.0kg
立命館 97.1kg

FW高身長選手(cm)

摂南大 No8ヴィリアミ・ルトゥア・アホフォノ187,LO徳永リオ吉平183,西本泰樹180
立命館 LO宮城雄真186,LO阿部孔哉181,Mo8宮下大輝181

才能を解き放つ勝つメンタル ラグビー日本代表コーチが教える「強い心」の作り方 

 

12/4(土)

京産大 11:45 関学大たけびし京都/有観客)

6戦全勝で勝点27の京産大は、近畿大が11/28に勝点29に積み上げたため、引き分け以上で優勝が決まる。関学大は6戦全敗で勝点3、入替戦出場は確定しているが勝てば最下位を免れる。昨年の対戦は、京産大が前半に逆転すると後半は終始リードする展開、京産大が28-21で僅差の試合をものにした。

ここまでの京産大は、上位チームが敗れた近畿大を僅差で破ると、5週連戦となった同志社戦では終了間際のトライで逆転で勝利。続く天理大戦でも、後半にPGを4本決めて逆転勝ちを収めた。強力FWは健在だがトライにこだわりすぎず、ここまで6戦で10PGを決めてきた。

関学大のほうは、開幕戦で立命館に敗れると、2戦目の摂南大戦では8点リードからの逆転負け、3戦目の関西大戦でもロスタイムに逆転トライを許しての敗戦となった。徐々にチーム力は上がっているが、勝負どころでの守りきれなかった結果が現在の成績につながっている。

勝負はもちろん大切だが、大学選手権を戦う京産大、入替戦を戦う関学大とも次の戦いにつながる試合をしたい。

メンバー表チェック

京産大は、SO西仲隼(3年,近大附属)が入り、ここまで5戦でSOを務めた家村健太(3年,流経大柏)はメンバー外。リザーブには、HO桝屋直杜(4年,常翔啓光)、SO/CTB辻野隼大(1年,京都成章)、CTB北田駆(3年,常翔学園)の3人は今季初のメンバー入りとなる。

f:id:daigakurugby:20211202174348p:plain

京産大 メンバー

関学大のほうは、前節リザーブのPR坂野龍太郎(4年,関西学院)、HO山田哲平(3年,東海大仰星)、FL兪瑛士(2年,関西学院)がスタメン出場。また、FB泉谷尚輝(2年,東海大仰星)は今季初のメンバー入りでスタメンに名を連ねた。

f:id:daigakurugby:20211202174403p:plain

関学大 メンバー
過去の対戦

2018 京産大52-  0関学大
2019 京産大17-28関学大
2020 京産大28-21関学大(順位決定戦)

FW平均体重

京産大 103.6kg
関学大   97.3kg

FW高身長選手(cm)

京産大 LOアサエリ・ラウシ188,LOフナキ・ソロモネ186,PR平野叶翔180
関学大 LO入江元気182,藤井崇弘182

 

同志社 14:00 天理大(たけびし京都/有観客)

ともに4勝2敗で迎えた最終戦、勝ったほうが3位、負けたほうが4位となる。昨年は優勝決定戦で対戦、前半は26-0と天理大が大きくリード、後半は同志社が3トライを返すが天理大が54-21で勝利した。

ここまでの同志社は、2戦目に近畿大に敗戦、相手FWのプレッシャーから自慢のBKを走らせることができなかった。5戦目の京産大戦では終盤に逆転トライを許し2敗目を喫したが、前節は関学大に68-0を完勝している。

天理大のほうは、開幕戦で近畿大に敗戦、以降は徐々にメンバーが戻るが課題の多い試合が続いた。そして6戦目の京産大戦は、前半を10-7とリードして折り返すも、後半はミスなどからトライを取り切れず4PGを許して敗れた。

ここまで同じ近畿大京産大に敗れた両チーム、同志社は接点での攻防で勝つこと、天理大はミスを少なく引き締まった試合ができるかがポイントとなるか。

メンバー表チェック

同志社は、前節欠場のSH田村魁世(4年,桐蔭学園)がスタメンで復帰、リザーブのLO小菅由一郎(4年,京都成章)は3戦ぶりのメンバー入りとなった。

f:id:daigakurugby:20211202174421p:plain

同志社 メンバー

天理大のほうは、LOに亀沖泰輝(4年,市立尼崎)が入り、LOアシペリ・モアラ(4年,日本航空石川)はリザーブに控える。また、SO福本優斗(2年,上宮太子)、WTBナイバルワガ・トマシ(1年,秋田工)は今季初めてのメンバー入りでスタメン出場となる。

f:id:daigakurugby:20211202174436p:plain

天理大 メンバー
過去の対戦

2018 同志社  0-59天理大
2019 同志社  6-55天理大
2020 同志社21-54天理大(順位決定戦)

FW平均体重

同志社   96.5kg
天理大 101.4kg

FWの高身長選手(cm)

同志社 No8木原音弥184,LO南光希182,PR李優河180,LO依藤隆史180,FL梁本旺義180
天理大 LOナイバルワガ・セタ188,FL鄭兆毅185,LO亀沖泰輝184,PR金山忠次180

ラグビー日本代表 フランス2023へ:B・Bムック (B・B MOOK 1533) 

 

関連リンク

daigakurugby.hatenablog.com

 

daigakurugby.hatenablog.com

 

 

 

大学ラグビー.com

 

f:id:daigakurugby:20211128084342p:plain

 

関東リーグ戦 2021 第7節 / 結果とポイント … 東海大 日本大 ともに勝利も 東海大4連覇

概要

2021年度の関東大学リーグ戦の第7節は、11/28(日)に全4試合が行われ全日程終了、残すは入替戦を残すのみとなった。

順位決定方式は勝点制。勝ち4点、引分2点、負け0点のほか、「3トライ以上の差をつけての勝利」「7点差以内の負け」に各1点が加えられる。

第7節終了時の成績

第7節を終えての成績は次の通り。

1位 東海大 6勝1分 勝点32 得失点差+317 → 大学選手権へ
2位 日本大 6勝1分 勝点32 得失点差+225 → 大学選手権へ
3位 大東大 5勝2敗 勝点24 得失点差+65 → 大学選手権へ
4位 関東学 3勝4敗 勝点15 得失点差-43
5位 流経大 3勝4敗 勝点12 得失点差-97
6位 法政大 2勝5敗 勝点12 得失点差-67
7位 中央大 2勝5敗 勝点  8 得失点差-144 → 入替戦へ
8位 専修大 0勝7敗 勝点  1 得失点差-256 → 入替戦へ

対戦表詳細は → < 関東大学対抗戦対戦表 >

トライランキング(全日程終了)

15T 井上風雅/日本大
9T ナサニエル・トゥポウ/日本大
8T レキマ・ナサミラ/東海大
8T 酒木凛平/大東大

トライランキング詳細は → < トライランキング >

ゴールランキング(全日程終了、PG含む)

25G 石岡玲英/法政大 75.8%
23G 武藤ゆらぎ/東海大 67.6%
22G 戸野部謙/大東大 66.7%
21G 津田寛汰/中央大 72.4%

ゴールランキング詳細は → < ゴールランキング >

 

なお、最終戦終了後にベスト15が発表された。

daigakurugby.hatenablog.com

ラグビーマガジン 2021年 10 月号 [雑誌] <別冊付録:主要大学写真名鑑> 

 

11/28(日)

大学名の後ろの( )内の数字は、ボーナスポイントを加えた勝点。

法政大(12) 12-71 日本大(32)

試合は開始5分、日本大が中央から右へ展開すると、FBナサニエル・トゥポウ(3年,マリストB)が右隅に先制トライを決めた。12分には左サイドに攻め込み右へ展開、CTB広瀬龍二(3年,日川)が相手ディフェンスを引きずりながら手を伸ばしインゴールに押さえた。

日本大は17分にもトライを加えるが、法政大は24分にペナルティのリスタートからHO井口龍太郎(3年,静岡聖光学院)がインゴールに飛び込む。しかし、41分に日本大のトライシーンで法政大のタックルが首にかかりペナルティトライ、26-5とリードして前半終了。

後半も勢いは日本大、5分に右サイドラックからWTB水間夢翔(3年,佐賀工)が抜け出しそのままトライ、7分にもWTB水間夢翔が左サイドライン際を走りトライを加える。さらにトライを加える日本大に対し、法政大は29分にゴールライン目前の攻防からNo8大澤蓮(4年,長崎南山)が押し込みトライを返す。

このあともトライを重ねた日本大が71-12で勝利、日本大は勝敗や勝点で東海大に並ぶも得失点差で優勝ならず2年ぶりの2位となった。法政大は2勝にとどまり6位でシーズンを終えた。

注目ポイント

法政大は、日本大のアタックを止めきれずにゲインを許す場面が多く、タックルの甘さが大量失点につながったか。また、2枚のイエローカードも響き、14人の間に5つのトライを奪われている。これで4年連続で大学選手権出場を逃すことになったが、2024年の創部100周年に向けても強い法政を取り戻したい。

日本大のほうは、フィジカルの強さを生かしてチャンスでトライを取りきった。SO饒平名悠斗(3年,コザ)が不在となったが、FBからSOにまわった普久原琉(3年,コザ)の相手を引きつけてのパスは効果的だった。苦戦した試合もあったがこの日は快勝、大学選手権に向けていい流れをつくった。

ラグビー日本代表 フランス2023へ:B・Bムック (B・B MOOK 1533) 

 

専修大(1) 27-68 関東学院(15)

試合は専修大のノーホイッスルトライから、キックオフのボールをキープし展開、WTB吉田賢蔵(3年,御所実)が先制トライ。直後の4分、関東学院はFL内川朝陽(1年,佐賀工)がトライを返すも、専修大は11分に相手ペナルティからの素早いリスタートからSH友池瞭汰(3年,東福岡)が、17分にはCTB江口恵太郎(3年,長崎北)がトライを決める。

追う関東学院は、32分にNo8小濱康嵩(4年,鹿児島実)、39分にLO山﨑海(4年,佐賀工)がトライ、21-20とわずか1点をリードして前半を終える。

後半は開始から関東学院が攻勢に出る。後半2分にSO芳崎風太(4年,関東学院六浦)、8分にFB川崎清純(4年,盛岡工)と最初の10分で2トライを決めて35-20とリードを広げた。

さらにトライを重ねる関東学院に対し、専修大は30分にFL折居慎斗(4年,尾道)がトライを返すも、終わってみれば68-27と突き放した関東学院が勝利し4位、専修大は8位となり入替戦を戦う。

注目ポイント

専修大は、前半は互角の戦い見せたが、後半に突き放された。後半の関東学院のペナルティはわずかに1つ、相手にプレッシャーを掛けられず楽にプレイをさせてしまったか。入替戦の相手は立正大、今季の集大成を見せたい。

関東学院のほうは、スキをつかれたようなトライを奪われたが、我慢して逆転し、突き放しての勝利。今季のペナルティは7戦で57と東海大と並んでリーグ最少、PGを決められた数はわずかに1と失点を防ぐことにつながった。2011年以来の4位以上を決めて、今シーズンを終えた。

才能を解き放つ勝つメンタル ラグビー日本代表コーチが教える「強い心」の作り方 

 

流経大(12) 19-71 東海大(32)

先制したのは東海大、前半4分にラインアウトモールを崩さず進み、HO本橋純平(4年,東農大二)がトライ。8分にはSO武藤ゆらぎ(2年,東海大仰星)がディフェンスラインを突破、LO小池隆成(4年,東京)がつないでインゴールに押さえた。17分にはBK展開からCTB横田大輝(4年,深谷)が切れ込み抜け出すと、約40mを走りきりトライを追加。

流経大は27分、相手ゴール前に攻め込むとFWでアタック、最後はFLリクアタ・テアウパ(3年,トゥポウC)が押し込みトライを返した。しかし、さらにトライを追加した東海大が38-7と前半をリードして終える。

後半も東海大の勢いは止まらない。3分にはラインアウトモールからHO本橋純平が押さえ、22分にはマイボールスクラムからNo8井島彰英(3年,熊本西)が押さえた。意地を見せたい流経大は42分、WTBイノケ・ブルア(4年,スバGS)のランでチャンスをつくって展開、No8星野竜輝(3年,流経大柏)がインゴールに飛び込んだ。さらに48分、自陣からオフロードパスでつなぎ、WTB永山大地(3年,流経大柏)が抜け出してトライを決めた。

試合は東海大が71-19で勝利、4年連続の優勝を決めた。流経大は3勝4敗で5位、2007年以来14年ぶりに大学選手権を逃した。

注目ポイント

流経大はペナルティが14と多く、ラインアウトモールからのトライを奪われるきっかけをつくってしまう。苦しい状況から徐々にチーム状態は良くなったが、今季の7戦で97のペナルティは関東リーグ戦では突出した数字となった。ただ、試合終了間際には流経大らしいトライ、ダイナミックラグビーは後輩に受け継がれる。

東海大のほうは、前節の日本大戦ではなかなかトライを取り切れなかったが、この日はテンポのよい攻撃などで着実にトライを重ねた。リーグ4連覇で大学選手権へと進むが、昨年は準優勝2回の天理大が初優勝、準優勝3回の東海大は先を越されたが初優勝を狙う力はある。

ラグビーマガジン 2021年 11 月号 [雑誌] 

 

大東大(24) 50-13 中央大(8)

先制は中央大、前半5分に相手陣10mライン付近からSO津田貫汰(3年,桐蔭学園)がPG成功。直後の大東大は、6分にCTBペニエリ・ジュニア・ラトゥ(2年,セントピーターズ)がトライを決める。しばらく両者得点なく迎えた30分、中央大がハーフウェイライン付近のマイボールラインアウトから展開すると、CTB水野陸(2年,東京)が抜け出しそのままトライ。大東大は前半を5-8とビハインドで折り返す。

後半は大東大が先に得点、15分にFB青木拓己(3年,御所実)、17分にLO塩見成梧(3年,御所実)の連続トライなどで17-8と逆転に成功。さらに23分からの10分間に4トライを奪う猛攻を見せて、43-8と突き放した。

終盤の39分、中央大が攻め込み相手ゴールライン直前でペナルティを得ると、リスタートからFL久松春陽大(2年,桐蔭学園)が押し込みトライを返す。しかし、さらにトライを加えた大東大が50-13で勝利、3年ぶりの大学選手権に挑む。中央大は7位、入替戦へ。

注目ポイント

大東大は、2トライ目が後半15分と時間がかかったが、その後は突き放して完勝。1トライ4ゴールを決めたCTBペニエリ・ジュニア・ラトゥがPOMとなった。大学選手権の相手は、関西4位(天理大or同志社)と朝日大の勝者、引き締まった試合が見られそうだ。

中央大のほうは、前半は大東大を1トライに抑えたが、後半15分以降に7トライを許した。前節の関東学院戦でも終盤の後半30分以降に3トライを奪われている。フィジカル、メンタルとものスタミナが課題となる。入替戦の相手は東洋大、侮れる相手ではないので十分な対策が必要だ。

お名前.com 

 

関連リンク

daigakurugby.hatenablog.com

daigakurugby.hatenablog.com

 

大学ラグビー.com

 

f:id:daigakurugby:20211130095828p:plain