大学ラグビー.com

データで見る大学ラグビーなど。大学ラグビー.com(http://daigakurugby.nobody.jp)でデータ掲載中。

法政大学 ラグビー部 / 大学選手権、関東大学リーグ戦

1924年創部、1933年より関東大学対抗戦で戦い、1967年からは分裂スタートした関東大学リーグ戦に所属し現在に至る。歴史も実績も十分で、坂田正彰伊藤剛臣、日和佐篤ら多数のOBが日本代表としてラグビーワールドカップで活躍した。

第1回大学選手権の優勝など、優勝3回、準優勝5回、ベスト4が11回となっている。勝率は全大学で5番目となる.605。最後の優勝は1992、最後のベスト4は2008と上位進出は遠ざかっており、創部100周年に向けて復活を期す。

関東大学リーグ戦では優勝13回でリーグ最多、最後の優勝は2004。ここ6年の順位は最高位が4位、まずは3位以内に入って大学選手権出場したい。なお、1966年まで所属していた関東大学対抗戦で3回優勝している。オレンジと青のジャージ。

f:id:daigakurugby:20200425213854p:plain

ジャージのイメージ

ラグビーマガジン 2021年 03 月号 [雑誌] 

 

大学選手権

戦績

結果と勝敗、勝率

優 勝:3回(1964,1967,1992
準優勝:5回(1965,1966,1971,1993,2000

出 場:32回

勝 敗:49勝32敗0分
勝 率:.605

通算成績

vs明治大 3勝  2敗
vs早稲田 3勝11敗
vs慶応大 3勝  3敗
vs帝京大 2勝  3敗
vs筑波大 0勝  1敗
vs日体大 4勝  1敗

vs東海大 1勝  0敗
vs流経大 1勝  0敗
vs中央大 0勝  1敗
vs関東学 0勝  4敗

vs天理大 1勝  2敗
vs同志社 4勝  1敗
vs京産大 2勝  3敗
vs関学大 2勝  0敗
vs立命館 3勝  0敗
vs関西大 3勝  0敗
vs近畿大 2勝  0敗
vs大体大 3勝  0敗
vs龍谷大 2勝  0敗

vs朝日大 1勝  0敗
vs中京大 1勝  0敗

vs福岡大 4勝  0敗
vs福工大 4勝  0敗

最近の成績(2015〜)

2015 プール戦敗退

2016 出場なし
2017 3回戦敗退
2018 出場なし
2019 出場なし
2020 出場なし

ラグビートップリーグ カラー名鑑2021【ポケット判】 (B.B.MOOK1514) 

 

主なメンバー

優勝時の主なメンバー

1964 石田元成 桂口力 島崎文治
1967 石田元成 桂口力 島崎文治 武村秀夫
1992 坂田正彰 伊藤剛苑田右二

主なOB

鈴木秀丸:元主将。法政大初の日本代表選手。
     監督として第1回大学選手権制覇。
尾崎真義:日本代表キャップ5。村野工出身
     CTB,SO。オールブラックスjrを
     破った試合の日本代表主将。
水谷 眞:日本代表キャップ4。目黒出身WTB,
     CTB。リコーで選手,監督として活躍.
桂口 力:日本代表キャップ5。小倉工出身SO.
     オールブラックスjrを破る。
島崎文治:日本代表キャップ10。保善高出CTB.
     マツダで活躍,1991まで法政大監督。
武村秀夫:1967優勝メンバー、1992優勝監督。
     法政一高出身FB。
坂田正彰:RWC1999,2003出場。日本代表
     キャップ33。新田高出身HO。
     サントリーで活躍。
伊藤剛臣:RWC1999,2003出場。日本代表
     キャップ62。法政二高出身FL,No8.
     神戸製鋼と釜石で46歳まで活躍。
苑田右二:RWC2003出場,日本代表キャップ18.
     啓光学園出身SH。1995年度主将。
     神戸製鋼で活躍。現法政大HC。
大久保直弥:RWC1999,2003出場。日本代表
     キャップ23。法政二高出身No8,FL。
     サントリーで選手,監督として活躍。
熊谷皇紀:RWC2007出場,日本代表キャップ26.
     東福岡出身LO。NECで活躍。
浅野良太:RWC2003,2007出場。日本代表
     キャップ22。本郷出身LO,FL,No8
     NEC国学院栃木→現NECHC。
遠藤幸佑:RWC2007,2011出場。日本代表
     キャップ41。中標津高出身WTB,FB。
     トヨタ自動車で活躍。
森田恭平:日本代表キャップ8。20歳で代表の
     スタメンは戦後最年少キャップ。
     大工大出身SO。神戸製鋼で活躍。
篠塚公史:日本代表キャップ38。埼工大深谷
     出身LO,FL。サントリーで活躍。
文字隆也:2009年度主将。伏見工出身SO。
     2008,2009とリーグのベスト15。
浅原拓真:日本代表キャップ12。甲府工出身PR.
     東芝、日野で活躍。
日和佐篤:RWC2011,2015出場。日本代表
     キャップ51。報徳学園出身SH。
     サントリー神戸製鋼で活躍。
竹下祥平:2011年度主将。東福岡出身WTB。
     2008,2010,2011のリーグベスト15.

第100回 全国高校ラグビー 選手権大会 決算号 (ラグビーマガジン2021年02月号増刊) 

 

関東大学リーグ戦

戦績

リーグ創設以来、全てのシーズンを1部リーグで戦っている。優勝回数は最多の13回、3位以上に入った割合は60%を超える。

結果

優勝13回(1967,1969-1971,1979-1981,1983,1984,1992,1993,1998,2004)

*リーグ分裂前に関東対抗戦で4回優勝(1959,1963,1964,1966)

1位 13回(24.1%)
2位 10回(18.5%)
3位 10回(18.5%)
4位   8回(14.8%)
5位   6回(11.1%)
6位   3回(  5.6%)
7位   4回(  7.4%)
8位   0回(  0.0%)

最近の成績(2015〜)

2015 3勝4敗 5位

2016 2勝5敗 7位(入替戦40-16立正大)
2017 3勝4敗 4位
2018 4勝3敗 4位
2019 2勝5敗 6位
2020 4勝3敗 4位

お名前.com  

 

関連リンク  

daigakurugby.hatenablog.com

daigakurugby.hatenablog.com

daigakurugby.hatenablog.com

 

 

 

大学ラグビー.com 記録とデータ